2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【NTT出版】フランソワ・キュセ『フレンチ・セオリー』訂正のお詫び[04/08]

1 :わびせんφ ★:2011/04/08(金) 23:47:23.39
    『フレンチ・セオリー』訂正のお詫び

以下のような誤植がございましたので、お詫びして訂正いたします。

          正誤表
61頁下8-11
誤  誰よりも先に、次の疑問に対し悲しみの混ざった確信を抱いていたからだ。
    「フレンチ・セオリーは大学で扱われるものになるのか、ならないのか」。

正  誰よりも先に、「フレンチ・セオリーはアカデミズムに組み込まれるだろう、
    さもなくば消えてしまうだろう」という悲しみの混ざった確信を抱いていたからだ。。

<(訳者からの説明)*この修正は、「訳者あとがき」の主張の根幹に関わるものですが、
訳者の主張そのものは基本的に変わっていません。ロトランジェは、フレンチ・セオリーが
制度化されることに対して常に警戒していたにもかかわらず、それでも、フレンチ・セオリーが
大学という制度の中にいずれ組み込まれてしまうことを諦念とともに予見していたのであり、
彼が「フレンチ・セオリーは果たして大学という制度内で教えられるものなのか」という問題に
直面していたことに変わりはないからです。 >

297頁上19-20
誤  制度化された治療
正  制度を使った療法

373頁上21,下1
誤  フレンチ・セオリーは大学で扱われるものになるのか、ならないのか
正  フレンチ・セオリーはアカデミズムに組み込まれるだろう、さもなくば消えてしまうだろう

375頁下16-17
誤  同上
正  同上

-------------------------------------------------
http://www.nttpub.co.jp/book/incorrect/100002088.html

2 :名前を出せずごめんなさい:2011/04/08(金) 23:53:03.02
イミフ

3 :名前を出せずごめんなさい:2011/04/09(土) 00:00:55.10
誰よりも先に「フレン・ティ・使徒セオリーはアルタードアクァデミ=ズムに組み込まれるだろう、さもなくば消えてしまうだろう」という悲しみの混ざった確信を抱いていたからだ


4 :名前を出せずごめんなさい:2011/04/09(土) 00:14:44.53
誤植であって、誤訳ではないのか。

2 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)