2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【予測】世界人口70億人突破! 「人口」を見れば世界が読める 次の40年の成長市場はここだ! [11/11/28]

1 :依頼@@@@ハリケーン@@@φ ★:2011/12/03(土) 19:39:58.18 ID:???
<前略>

 図1-1を見てほしい。本誌が独自に作成した50年までの今後40年間の「成長余力のある
国」を示したチャートだ。見方は以下説明するが、このチャートからも南アフリカの成長
余力の大きさが見て取れる。

http://diamond.jp/mwimgs/8/5/601/img_85ebb8dfe67b814f46d9ef4c8b2900b060338.gif

 横軸は平均余命や就学年数、生活水準などを基に算出した「人間開発指数」で、数値が
高いほど人間開発が進み労働力の質が高いことを示す。縦軸は選挙プロセスや政治参加、
市民の自由度などを基に算出した「民主化度」を示している。

 国ごとの円の色は、生産年齢人口(15〜64歳)が増え続ける期間である人口ボーナス期
(=経済成長を加速させやすい期間)が今後何年続くかを示しており、円の大きさは、
経済規模を示すGDP(国内総生産)に人口ボーナス期が続く年数を掛け合わせた数値に
なっている。

 つまり、チャートの右上角に近づくほど労働力の質が高く、民主化が進んで自由度が
高い国ということであり、円の色が濃いオレンジ色で大きいほど、その国の成長余力が
大きいことを示す。

 あらためてチャートを見てほしい。現時点で高成長を続けるBRICは、インドを除けば
今後の成長余力が限られていることがわかる。ロシアはすでに人口ボーナス期が終わって
おり、中国はあと5年、ブラジルは10年しか残されていない。

 もちろん、成長余力が限られていることと、市場の大きさは別の問題だ。中国とブラジ
ルが今後も巨大な市場であり続けることは間違いない。

 また、人口ボーナス期が終わったからといって、必ずしも成長が止まるわけではない。
G7(主要7ヵ国)などは軒並み人口ボーナス期が終わっているが、数%の成長を続けている。

 インドの成長余力が大きいのは、今後30年に渡って人口ボーナス期が続くからだ。民主
化度はすでに一定水準にあり、今後教育水準や生活水準の向上によって人間開発指数(
=労働力の質)が上昇していけば、人口ボーナスの恩恵を存分に享受し、高成長を続ける
ことができるだろう。

 BRICSの5番目の国、南アフリカは、民主化度、人間開発指数、人口ボーナス期間のいず
れもインドを上回っている。世界の8割を占めるプラチナや金、ダイヤモンドなど天然資
源が豊富で工業化も進んでおり、今後の成長株として有望だ。

<以下略。省略部分はソース参照>

ソース:ダイヤモンド・オンライン
http://diamond.jp/articles/-/15050

関連スレ
【資源】南アに白金鉱脈 独法が発見 世界最高水準の含有量[11/11/22]
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1321936501/
経営戦略】インド進出の日系企業8百社超 2006年から3倍に[11/11/09]
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1320800848/

2 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 19:44:47.92 ID:gdvOTLlp
成長は幻想だ
10年後は分からんが、20年後以降のキーワードは「持続可能性」になっているとおもう
とうぜん、商売の基本も変わると思う

3 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 19:48:32.83 ID:l81zss4l
ハハハハハハ成長市場だって!途上国なら成長するしかないだろ
人件費で先進国工場がドサ回りしてるだけだろ

4 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 19:49:11.76 ID:suhhWLnj
水がお金になると思うよ

5 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 19:50:26.82 ID:64zQL+MF
食料作ってる所が勝つわ

6 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 19:52:13.46 ID:pmyPsgug
間違いなく食料と水を持ってる国が強くなる。

日本がTPPなんかに参加したら食料輸出国の言いなりになるよ。
まあそれが民主党の狙いなんだが。

7 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 19:52:51.46 ID:jjWtyK9w
クソ老人がなかなか死なない

8 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 19:53:15.28 ID:mau+E6TM
ホンの40年ほど前までは二十数億程度だったのにな。 増え過ぎだろ人類。

9 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 19:54:22.54 ID:nIc7GGRm
単に来年は71億人のニュースが流れるだけ

10 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 19:54:47.03 ID:roWSEjur

インド、アフリカのボーナス期終わったらどうにもならない?


11 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 19:55:26.24 ID:49OC3LhP
40年後なんかわかるわけないだろ
今から40年前の1971年に現在の世界を予言できた奴なんかいるのか

12 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 19:57:41.96 ID:7tqbiE+W
スレタイだけでダイアモンドだとわかった。

13 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 19:59:23.64 ID:yYgZp/L1
>>11
卑屈な大人になっちまったな
明日の夜明けに夢を描いた少年はもう死んじまったのかい?

14 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 20:01:07.88 ID:SAdO0vXC
>>8
何処まで行けるかな〜。
100億くらいまでなら楽勝とすると、あと15年くらいはなんとか、
人口ボーナス期の国が成長市場という世界が続く。かな?
その後は成長なんかどうでもいいから、人口減らせ死ね死ね死ね死ねという世界。

15 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 20:03:37.63 ID:Q411EWFO
オレが小学校で習ったときは36億人だった

16 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 20:03:43.39 ID:NCH2SSNR
このまま人口が増加していったら資源が高騰して人口ボーナスが
あっても資源を得る力のない国力が弱い国から成長に取り残され
振るい落とされるよ
今のうちに資源の囲い込みできるかどうかも問題

17 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 20:05:41.06 ID:FBmll+Fq
まあ、爺さんになる頃の話を今聞いても・・・・。

18 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 20:07:55.79 ID:CoU9npih
南アやインドが今後何で富を得るのか、、、想像出来ないわ、、、

中国が成長してるのは簡単なことで、日米欧を中心に輸出して儲けてるから。

つまりお金が日米欧→中国という風に流れ込んでるだけ

これは明快でその結果、日米欧で低賃金、失業者増大に悩まされてる

じゃインドは?南アは??

先進国や中国クラスから富をむしらないと自国の市場なんて生まれるわけがない、その過程で化石燃料や食料などを消費したエネルギーが、先進国からもたらされた富を拡大し、新たな市場を作るんだから。

19 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 20:12:45.12 ID:sQV3RW40
成長市場とかのんきな事言ってる場合じゃないだろ
これからは資源と食料の取り合いになり金があっても買えない時代になる
グローバル化とか言って外国に資源も食料も依存してると飢え死にするぞ

20 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 20:15:42.92 ID:1GvDaHz6
日本だろ
普通に

21 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 20:16:07.84 ID:SAdO0vXC
>>19
そこまで行くには、10年15年の余裕はあるんじゃないの?
そのタイムラグの10年15年の間に産業も富も流出して
スッテンテンになったところで殺し合いスタートね。

22 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 20:20:09.89 ID:yLLFv9KW
〔マルサス人口論〕
人口 1→2→4→8→16→32→64→128→256→512→1024→2048→4096…
食糧 1→2→3→4→5→6→7→8→9→10→11→12→13…

23 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 20:20:58.75 ID:p/f2XP4a
市場?
信用経済が崩壊するのに市場だとw

食料難で戦争で死んだ人肉でも売りに出すのかww

24 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 20:23:58.96 ID:qjHqOdXs

は?次の成長市場は地獄か天国だろ。滅亡するんだし。

25 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 20:24:39.56 ID:TorPkbHC
量と質はちがうでしょ

26 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 20:26:12.65 ID:Gi32aD1t

【日本のネット掲示板まで支配する勝手な某大国】 
Yahooニュース・コメント欄で投稿妨害を受けて極度に焦っている人がいて、気の毒です。実は某大国の工作員が妨害しているのです。Yahooニュースや掲示板の中国関連サイトを長年観察すると、色々と見えてきます。

★「ご覧になろうとしているページは現在表示できません」
この表示で投稿拒否された人はYahooを恨むが、それは誤解。非重複内容なら5回まで投稿できるはず。実は某大国の駐日ネット監視員が常時監視、投稿妨害、点数操作、ID乗っ取りをやり、上記表示も出す。長年観察すると色々わかる。
尖閣漁船衝突時にはYahoo掲示板中国トピで自動投稿による連日撹乱。2ちゃんねるの投稿を瞬時削除する技術もあり。数年前にはサイバー攻撃でパソコン破壊。08年チベット緊急集会で複数の被害証言あり。日本の言論自由侵害!
予めワードで作文し、新ニュース発表後5秒以内(敵が妨害措置を講じる前)に瞬時貼付け投稿せよ。ゆっくり入力したら敵に丸見え。なおも妨害されたらネット喫茶のパソコンで。中共の勝手を許すな【転載歓迎】


27 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 20:26:23.02 ID:+/8YeeVl
これから先は人類が成長すればするほど自分の首を絞めるような……

28 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 20:26:24.45 ID:mau+E6TM
まあでも 絶対もう一回くらい大きな戦争起こるよなぁ…

29 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 20:27:06.06 ID:/2k6EN3k
>>3
だからいいんじゃん。

30 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 20:29:48.97 ID:CjtLhpQu
世界主要58か国にウリナラが入っていないニダ
<♯`Д´> アイゴー

31 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 20:29:56.94 ID:/2k6EN3k
>>28
だとすると戦地から遠くなりそうな南ア、オーストラリア、ブラジルあたりが有利か。

32 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 20:30:04.54 ID:hIldLhjV
南アはETF買ってる
インドネシアがほしいからETF作ってくれ

33 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 20:31:32.13 ID:ma/BDsVH
あれ?韓国がないニダ?

34 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 20:32:03.68 ID:hHL1tot7
>>11
人口が増えていくことといろんな資源が乏しくなっていくことは予想されてた

ローマレポートというのがある
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%96
石油の枯渇の件はともかく成長の限界は昔から懸念されてる

35 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 20:32:46.68 ID:9oRRTr4l
>>15
オレが小学校で習ったときは51億人だった

36 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 20:36:19.18 ID:10itBVzh
人口が増えている国は宗教が強い国ばかりですなあ。

37 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 20:37:02.30 ID:GRwDQYbn
南アフリカには、既に中国人が百万人住んでるらしいじゃないか…

38 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 20:39:07.32 ID:KLpGorhI
ランド買ったんだけど、2倍くらいになるかな?

39 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 20:39:55.68 ID:mBYwFPC+
>>31
オーストラリアの人口の10%は中国人と朝鮮人。
中国が戦争始めたら巻き込まれないわけがない。


40 :にょろ〜ん♂:2011/12/03(土) 20:40:32.12 ID:sICcdH/P
>>38
えっ

41 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 20:47:04.15 ID:/2k6EN3k
これからW杯とオリンピック控えてるブラジルは確実に成長するだろ。
人口ボーナス期もちょうどその頃だ。

その後はフィリピンだろ。あの国は英語がペラペラだ。

42 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 20:48:48.64 ID:MiSDeyUL
1年で2体に分裂する日本人に改良すれば世界に勝つる

43 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 20:50:06.06 ID:x1zIvVSA
世界に70億の人がいるのに、
私には友達が5人しかいない。 生き方を変えなきゃ!!!

44 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 20:50:28.46 ID:CAvCFkDF
ウォーターフロント理論化してるなあ。
儲かるビジネスってのは誰もが見た聞いただけで
そうかと納得しないと。
独自分析して上から目線で○○しろ!乗り遅れるぞ!
ってのは詐欺師の常套句。

45 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 20:50:33.69 ID:hUbBCIDU
BRICsっていうGSが考えた括りは、最早なんの意味も持たないな。
ロシア、中国は、やっぱり他の途上国と違う。

経済発展と政治の民主化は、どこかでクロスする場所がある。
開発独裁モデルは発展の初期条件を作るが、持続性は保証していない。

一端不況に陥れば、民主化という政治問題が一気に噴出する。
そのとき、どういう崩壊過程が待っているのか予測付かない。



46 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 20:51:54.21 ID:Hy1HTNrS
人口増加は昔から予見されていた。貧乏人の子沢山で危機になるのも
あれだけど、だからと言って子供は産むな育てるな、日本のように
人口自然減少を官僚政財界が企画するのも非道。世界で戦争経済だ人減らしだと
大戦争を起すのも不毛だ。病気の対応などもそうだが。

もっと前向きで具体的な解決対応策を、先進国や発展途上国の頭脳英知を結集して
やってくれ。産業や社会構造の革新的イノベーションを実現していくべきだろう。




47 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 20:52:17.47 ID:SGOA5Oi6
終わりの近づいたネズミ講

48 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 20:56:51.10 ID:CAvCFkDF
>>47
同意。月単位だと人口ビジネス詐欺師がはしゃぐが
年単位じゃ乗れない。

49 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 20:59:32.09 ID:hUbBCIDU
日本は大人が「子供化」してるんだよ。とくに男な。

いい歳こいて、ゲームだアニメだって・・・
おまけに女は巨乳で童顔じゃなきゃヤダって・・・・

子供を育てることに楽しみを見いだしてる人間の少なさ・・・
Tubeみてみ赤ん坊の動画よえい犬猫の動画の方が遙かに多いから

50 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 20:59:46.86 ID:MiSDeyUL
この宇宙から地球が消えても誰も悲しめないからおk

51 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 21:00:37.73 ID:1izkPinl
インドで避妊具売りにいってくる。

52 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2011/12/03(土) 21:03:02.11 ID:UUNcrk6f
火病の国がない
40年以内になくなるということか

53 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 21:03:39.70 ID:JSa7ymVN
世界の9割くらいが市場に組み込まれたところで、終わりかな

売りつける先がなくなったら経済成長はストップする
で、生活水準が一定になったところで、カネが本当に動かなくなる

54 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 21:03:54.55 ID:mau+E6TM
>>49
その辺は、自分の子供を晒すのはイヤ!ってのが強いんじゃないかね。
「個人情報」って言葉に過剰反応する日本人は特に。

55 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 21:04:07.51 ID:y1kVT9Ws
そんな成長は支配層が許すはずが無い。
必ず一回テーブルをひっくり返す。
大量殺戮による文明のリセットを必ずやる。
絶対だ。

56 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 21:04:21.71 ID:KfunBsiC
仕事がないデモ見てると少子化が合理的に見えるがな

57 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 21:05:19.61 ID:aHS56O7e
>>49
それは感じる。
自分が子供の頃はいい大人がゲームしたり新聞読まなかったり
マクドナルドで食事したり腕時計しなかったりとか想像できなかった。
合理主義が行きつくところまで行きついた感じだよなあ

58 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 21:06:10.65 ID:MiSDeyUL
日本は人間同士の世界大戦に巻き込まれないように
遺伝子いじって光る動物になってじっと次の繁栄の時代を待つのみ。

59 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 21:07:31.12 ID:/2k6EN3k
>>53
国内投資が復活しそうでいい話じゃん。

60 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 21:09:10.69 ID:hHL1tot7
>>56
当面はいいが70歳以上の比率が5割とか7割とかになったらどうするのという話も

70くらいまでは仕事によっては普通に働けるから働くしかなくなるだろうかな、仕事があればだけど

61 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 21:09:45.39 ID:3cCu4vfZ
実際は2.300億でも養えるんだろ?

62 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 21:09:46.49 ID:MiSDeyUL
多様性を持てない人間は絶滅する。
今こそ先端技術で地中や海でも棲息できる人間に多様化すべきだろ。

63 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 21:10:37.86 ID:ltbRzEBt
日本は衰退していく一方だよな。

64 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 21:12:08.63 ID:kBYEh+UW
人口の多さだけ見て即GDPに繋がって、ビジネスチャンスって考える
お花畑が、つい最近までこれからは中国だ(キリッとか言って赤っ恥かいいそうなのに
まだ、そういう思考回路が治ってない奴が居るのか。

65 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 21:13:01.35 ID:KX+8X1yu
もう水が無いから後進国は成長出来ないよ。私は、100円有れば粉ミルクが買えてこの子は助かるんです
と言うスローガンにずっと違和感を感じていた。助けて2〜3年すると、とても粉ミルク一缶では養えない。
そこの処を誰も納得の行く説明をしてくれない。だから信じない。

66 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 21:13:06.83 ID:hUbBCIDU
多分、こういうふうに増えすぎた個体の最大の脅威って、食料をめぐる争いと
未知の病原菌だろうな。

日本は島国なんだから防疫体制だけはきちんとした方がいいよ。

67 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 21:13:16.73 ID:MiSDeyUL
近未来のこと考えるなら、宇宙への進出と適応進化以前に
地中と海の方が先だろ。
他の生物との融合も可能だし、技術的なハードルも低いだろ。
あと地上の人間はサイズの縮小化が必要。

68 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 21:13:19.63 ID:SAdO0vXC
>>61
原発の危険性を感受すれば行けるかもな。
4基爆発してもこの程度、と。

69 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 21:18:05.19 ID:CAvCFkDF
>>66
パンデミック騒ぎの時、防疫オワコンだと思った。
ニュージーばりの地の利で、
旅行者があああああっ修学旅行のガキがああああっ
どんどん菌を土産にしてきて、しかも入国スルーしやがる。

70 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 21:21:04.57 ID:MiSDeyUL
>>66
食料と土地が有限な問題は、人間を1/5くらいに小型化することで回避できる。
犬とかで人間は小型犬を作ってるから、倫理的にも問題ない。

未知のウィルスによる人間の絶滅を防ぐためにも、他の種へステータスアップ
しとくべき。文字が理解できて文明や科学技術を引き継げる種ならそれでいい。

71 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 21:29:52.69 ID:pOlG64XQ
アフリカはない


アフリカ人のIQは絶望的なほど低い

教育してどうにかなるレベルじゃない

72 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 21:31:36.03 ID:gHBImHNf
斜め上の国がないやんwwwwww


73 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 21:33:56.50 ID:oYENJ0y7
イギリスの民主化度がアメリカと同じ位置にある時点でこの表は胡散臭い

74 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 21:37:23.41 ID:yA2lSe3e
モバゲーはアフリカに進出するべき。

75 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 21:37:29.72 ID:mT4Hq79w
>>72
韓国ないね
なんかちょっとかわいそうに思えてきた

でもこういう甘さが朝鮮人をのさばらせる要因なんだよね

76 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 21:38:52.47 ID:/2k6EN3k
>>64
人口ボーナス期が経済のピークというデータは結構当たってる。

77 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 21:39:36.01 ID:K81HJea3
限界と云うことが分からないアホどもの言い分なんぞ
真に受けるな。

云うまでも無いだろうが、人類の人口や生活レベル向上は
もう限界に来てる。 大きく膨れた風船のような状態だわ。

今後は、破裂しないように、巡航速度で行くことだ。

78 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 21:40:45.52 ID:mau+E6TM
>>70
ウルトラQかよw
アレは「1/8計画」だったが

79 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 21:41:15.38 ID:hUbBCIDU
イギリスはよう、
フランス革命のときから大陸を小馬鹿にしてきたからな。
今のユーロの危機に際しても、共同債だ政治統合だって、出来そうもねえような
御託宣振りかざして・・・

てめえのクニはサッチャリズムという清貧ごっこを堪え忍んだという
愚にも付かない自慢があるだけなのにな。



80 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 21:41:57.54 ID:iwKiPaDY
>>66
老人が早目に死ぬ病原菌なんて歓迎なんだが

81 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 21:44:47.15 ID:Q6jy6T/a
アフリカ人もアラビア人もインド人もムカつく
てめぇ糞が子供生むな

82 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 21:51:40.84 ID:3EsE6t4b
ロシア終わってんな

83 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 21:52:48.99 ID:hUbBCIDU
いや、先進国は子供を神格化し過ぎだと思うぞ。

子供は労働力であり、老いた自分の世話係だと思ってる後進国の方が
健全かも知れないよ。

そんなの惨くてやだと言うかも知れないけど・・・
少なくとも戦前の日本は、子供を奉公に出すとか養子に出すとか
不動産のように扱っていたぞ。

その頃に比べて親子関係が変に密着化したけど、その弊害の方が大きいだろ・
事実、子供を持とうとしない人間が増えてるんだから。

84 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 21:57:19.20 ID:Zb2yclra
おもしろい図だね。正しいのかどうか俺には判断つかないが。
ウルグアイ、コスタリカって、フランス、イタリアより民主化度が高いのか。

85 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 22:00:41.24 ID:Zb2yclra
南北朝鮮がないけど消滅したんだっけ?

86 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 22:00:56.53 ID:KKPu+LgY
アメリカはヨーロッパに輸出した。
日本と中国はアメリカに輸出した。
さて、インドや南アフリカは、中国や日本に輸出できるのか。


87 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 22:05:43.18 ID:Zb2yclra
アメリカは人口が増えているから他の先進国とは違ってまだGDP成長幅があると思う。

88 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 22:06:49.26 ID:hUbBCIDU
ボーナスっていう言い方自体おかしいだろ?

プレッシャーという側面の方が大きいだろ。
我が儘言う奴が増えるんだから・・・

分別のない若造が増えりゃ好戦的な排外主義が蔓延するのは過去の歴史が証明してる。
アフリカの内乱は殆どがそれで説明つくだろ?

89 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 22:13:45.91 ID:pMDYpLWu
疫病も大戦もなしに、うまくいくわけあるまいに。

90 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 22:25:08.39 ID:VNwIVi8P
海外投資を煽るためのやらせ記事だろ

ダイヤモンドの予測が当たったためしはないww
おれ3年分くらいのバックナンバー持ってるけどね
去年の今頃 これから円安だ!中国だって記事が満載ww

91 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 22:26:43.00 ID:csnlig3A
株式投資でいうと、いくら新興国が伸びるといっても、
やはりアメリカの規模、力はあなどれないよな。
ダウ平均とかを買って放っておくのが一番かもしれない。

92 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 22:31:52.96 ID:HYeQHh4O
「人口ボーナス」とか「のびしろ」とか言っているやつがいるけど、
それだけ食わせていくのがどれだけ大変かを分かっていないよな。

93 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 22:41:35.44 ID:mau+E6TM
経済誌の信憑性ってゴシップ誌と変わらんよね。
時流に乗って言ったモン勝ち!後の事は知らんw みたいな。

94 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 22:49:19.83 ID:SKukxfdj
中印市場の後に続く市場はどれも見劣りするよねえ。

中印市場を平らげるほど巨大化した世界経済が、こんな見劣りする市場を呑み込むのに
そう時間はかからないんじゃないかなあ。
そのあとはどうするのって話。  

人口ボーナスねえ。 そりゃあ消費者が多いに越した事はないけど、消費者ってのは労働者でもあるわけで。
雇用吸収のためには高い経済成長率が必要だけど、その為に人口増加が必要なんて考えは馬鹿げていると思う。

95 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 22:56:51.92 ID:iS+3QkNT
よし、決めた!肉大好きな俺としてはアルゼンチンに行くわ!

96 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 23:28:49.33 ID:Maq5RkyQ
地球がこれ以上の人口を抱えられないだろ。
中国人は共食いでもしてくれ。


97 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 23:37:00.77 ID:lfBE23zu
100億が限界らしいな
それ以上は月面開発か海底開発が必須

98 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 23:40:03.16 ID:iwKiPaDY
>>96
日本は逃げ切り世代の老人を・・・

99 : :2011/12/03(土) 23:41:52.77 ID:EqP6Z0H7

 1970年代の初めころ、自民党の閣僚が国会で

「人口は民力=国力」だと発言して辞職に追い込まれたことがある。

当時の野党=社会党、共産党が

「生めよ増やせよの軍国主義時代の発想だ!」

と批判したんだよ。

そういう時代もあった。


100 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 23:42:18.74 ID:B+vieik8
交易のないオアシスとか鎖国の島国(日本)とかでこういうのは実験済みだ。
誰も思い出したくないだろうが、子殺し、間引き、疫病があり、姨捨山もあった。
生老病死という人生観もあり、人生も祝福されたものではなかった。
何よりも体格を小さくして資源不足を耐えた。それでも海産物と水に恵まれた日本は幸せというべきだっただろう。
石油は兎も角淡水は不足する。どこかの繁栄はどこかの衰退、そうならざるを得ないだろう。

101 :名刺は切らしておりまして:2011/12/03(土) 23:52:28.95 ID:VNwIVi8P
>ダウ平均とかを買って放っておくのが一番かもしれない。

現在最強の投資は日本国債ですが?


102 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 00:01:52.33 ID:zDUBke/2
>>101
石油とプラチナの方がいいだろ。

ロジャースの言うようにコモデティ関連だよ。債券証券銀行券はアテにならんよ。
紙切れだ、

103 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 00:10:55.00 ID:zDUBke/2
これではっきりしたのは国連の役割だな。

ローマ時代にならって、国連による産児制限が世界目標になるわけだ。


104 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 00:11:39.29 ID:G2DJaZjR
>>102
つまり、ハイパーインフレだね。

105 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 00:19:00.88 ID:zDUBke/2
>>104
先進国の地方債を含めた借金は、ハイパーインフレでしか帳尻合わんよ。

今、先進国で議題に上ってる歳出削減と増税はなんの解決にもならんのは、
誰がみても解るだろ。むしろ景況感悪化させ、ハードランデイングへ近づく。

106 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 00:19:04.73 ID:HuMNn9Y0
まだまだ南米アフリカ中央アジア と人口が増えそうだからなぁ
100年後200億ぐらい行きそう

107 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 00:28:07.65 ID:BqW6ESdf
>>105
インフレだけでは無理だろう
日本が戦後やったような預金強制封鎖と国債/債券の払い戻しの強制停止みたいなことをやらないと無理
大混乱になるがな

108 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 00:37:23.77 ID:YKnsTdxe
シンガポールの民主化度高すぎ

109 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 00:38:23.48 ID:BqW6ESdf
終戦後は一般国民の経済的損失の上に国の借金をチャラにしたが
今は日本の金融機関にしても日本企業にしても外国が債券や株主という形で
利害関係がある
同じことをしたら外国も損を被るからそうそう日本単独で簡単には実行できない
それは各国とも同じ。利害が絡み合ってるので簡単には行かない

110 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 00:42:23.67 ID:zDUBke/2
>>108
ゲリマンダリング常習の独裁体制のクセしてな

111 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 00:46:39.58 ID:G2DJaZjR
>>105
しかし、散々借金ばかりした連中を無罪放免にして
ハイパーインフレで帳消しなんてことを許して良いのだろうか・・・

それはつまり、庶民が一切合財を肩代わりするということだろ?
これじゃ先進国で誰も子供を生まなくなるのも当然だと思う。

112 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 00:47:01.27 ID:+2fLS8eg
ウリナラはどこニカ?
チョパリの陰謀ニダ!(火)

113 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 00:59:48.75 ID:zDUBke/2
>>111
成長率に頼れない以上、解決策は増税とインフレしかない。

一番難しいのは、経済成長。次が増税。一番簡単なのがインフレ。

これらのチャンポンで痛みの少ない割合が試されるのだろうが、
結局インフレは制御できず、ハイパー化すると思う。

今デフレだから、インフレは怖くないと言ってる奴が多いが。
一端、インフレ基調になったら、すぐに日銀の制御から離れてしまうと思う。


114 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 01:01:50.28 ID:n4qi2Jl1
>>113
老人をガンガン殺処・・・いやなんでもない

115 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 01:12:35.16 ID:G2DJaZjR
>>113
こうなったら日本国民一丸となって、テコでもデフレを堅持するしかないと思う。
その上で公務員連中には自分たちがした借金をキッチリ返済させる。

100年掛かろうが、1000年掛かろうが、
インフレを使わずに借金返済させるべき。

116 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 01:24:54.75 ID:zDUBke/2
>>115
それは世代論でさ、
デフレを支持してるのは預貯金を持ってる老人なんだよ。

逆に若者はインフレの痛みが少ない、却ってデフレ化での低成長、
高失業率の方が痛い。

今は、選挙人口における老人の支配力が勝っているからデフレが続いている
という分析もあるくらいだ。

117 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 01:25:58.69 ID:n4qi2Jl1
>>116
逃げ切り世代が逃げ切るまではデフレw うつくしい国www

118 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 01:29:34.32 ID:G2DJaZjR
>>116
誰も世代論なんてしちゃいないよ。
俺は35歳だが、借りた金は返せと言っているだけだ。

インフレで帳消しだの、未来に先送りだの馬鹿じゃないかと。

119 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 01:32:45.50 ID:zDUBke/2
>>118
合成の誤謬って言葉、聞かないか?

120 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 01:36:11.20 ID:G2DJaZjR
聞かないな。

121 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 01:53:31.61 ID:EVu4xrqH
>>119
随分前に聞いた事がある言葉だな
経済学の言葉だっけ?ゴウセイのゴビョウ?

122 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 01:58:36.51 ID:7jxIbSSJ
ワシが小学生の時分は世界人口10億突破で
沸き立ったもんじゃ(^ ^)

123 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 02:23:57.24 ID:1axJ57O7
市場はどんどん広がってるのにどんどん衰退していく日本ってある意味凄いと思う

124 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 02:39:39.99 ID:aGQAXKvs
アメリカって出生率2超えて移民(不法含む)も合わせりゃ増えまくってるのに
人口ボーナス終わってるの?

125 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 02:56:00.11 ID:apMZA+hx
>>123
そりゃ個人消費も民間投資も増えないのに政府支出削減しまくってれば
衰退するわな
マクロ経済わからない奴が金動かしてるから国への投資を削って財政よく
なりました!とか言おうとしてる
狂気の沙汰

126 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 03:12:13.75 ID:G2DJaZjR
>>125
はぁ?
お前、日本政府の財政見てから言えよなw

公共事業だの社会保障の拡大こそキチガイだろ。
どんだけ、借金すんだこの馬鹿わ。

127 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 03:17:46.90 ID:apMZA+hx
>>126
じゃどうやって税収増やすのよ?

128 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 03:21:37.62 ID:G2DJaZjR
>>127
当面、税収が減るのは仕方がないだろ。
減る分は公務員のリストラや特殊法人への助成金を削るなりして対応すれば良い。

とにかく借金を減らさないことには動けないだろ。

当然、インフレなど許さない。
庶民や若者にだけ痛みを押し付ける方法論はすでに限界だ。

129 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 03:36:26.41 ID:apMZA+hx
>>128
公務員リストラと助成金カットは大賛成。

でも公共投資もなしで借金返そうと思ったら
どれだけ増税しないといけないかわかってる?

民間企業が再生する時もスポンサーがついてさらに投資するのと
支出の削減両方やっていくのね?

スポンサーが金出して投資するのは利益が増えるからやるわけね
政府で言えば国への投資、これは民間企業にわたるから
借金が痛みを与えるかどうかは借金の性質にもよるんだよ

130 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 03:43:17.00 ID:G2DJaZjR
>>129
なぜそこで増税するという話になる?
借りるときは減税したのか?

それは行政の単なる甘えだろ。行政をアテにしているようなクズも同じだ。

131 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 03:48:15.57 ID:apMZA+hx
>>130
いやいやw
行政が経済に関わるのを否定しておられるんですか?w

132 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 03:57:23.60 ID:G2DJaZjR
どんな言い訳をしたところで、極力関わらないに越したことはないだろ。

133 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 04:00:59.37 ID:BGWiFxbH
>>128
経済学を勉強しなさい。

円の価値はバブルしているので、もはやインフレは不可避だ
日本経済はぐちゃぐちゃなのに、円高だけどんどん進んでおかしいと思わないのか?

他国が刷っているのに、日本は刷らないと、円の価値が実力から乖離してバブルする
それを20年も続けているから地震の直前にプレートがひずんだような有様になっている

ここまでひずみを溜めてしまうと、宿題を溜めて夏休み最終日になったようなもんで
軟着陸は不可能に近い
----------------------------
ただ工場が残っているうちにインフレになれば、工場フル回転で物価を冷ますこともできるが

インフレの痛みを恐れて先延ばしにして、工場が全部海外に逃げた後でインフレになれば
工場がガレキになった敗戦直後やジンバブエを襲ったインフレのように壊滅的になる

だから、金を買うとかして自己防衛をした上で、早く日本国債を暴落させて
しまったほうがいい

インフレの痛みのあと、円安好景気の抜けるような青空にたどり着くまで
耐えるしかないし、消費増税などには抵抗して、日本国債暴落に追い込むべき


134 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 04:03:46.03 ID:G2DJaZjR
>>133
残念だが、ジャブジャブ借金した連中の責任を問うまでは出来ない相談だな。
公務員のリストラ、特殊法人の廃止、事業仕分け、出来ることは山ほどある。

なぜ庶民だけが責任をとらされるのかと。

135 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 04:06:01.10 ID:apMZA+hx
庶民に金がいく投資をしようというのにこう痛みのみに固執してると
何話しても同じだわなw

136 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 04:15:42.37 ID:G2DJaZjR
庶民にとっても倍にして返さねばならないような投資はいらんだろ。
最近の日本は頼まれてもいない押し売りばかりだな。

おーい、母さん。塩、撒いときなさい。

137 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 04:18:28.48 ID:apMZA+hx
>>136
倍にして返す?
どこの高利貸しですか?w

政府の負債=国民の資産ですが?w

138 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 04:22:59.45 ID:Uv7qOhwd
>>129
いや、おかしいおかしい。
公共投資しないぶん、歳出は減るのだから、増税はそれだけしなくていいんだろ?

139 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 04:24:11.90 ID:apMZA+hx
>>138
いや借金増えてるじゃない
で、増税しようとしてるじゃないw

140 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 04:24:36.54 ID:Uv7qOhwd
>>137
政府の借金が国民の資産って、なんだそりゃ?

141 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 04:25:40.90 ID:Uv7qOhwd
>>139
はぁ?
公共投資するから国の借金増えるのでしょ?

142 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 04:26:19.93 ID:BGWiFxbH
>>115
君は35歳なんだから「何が借金1000兆円の原因か」自分で調べなさい

公務員のムダ使いでも土建のムダ使いでもない=日本政府の支出は少ないんだよ
http://nihonist.com/wp-content/uploads/2011/08/oecdspending.jpg

その代わり構造改革政治家が、経団連ジジイからワイロをもらって、減税を
バラマキまくったから借金1000兆円になった=税収の崩壊が原因
http://www.mof.go.jp/tax_policy/summary/condition/011.htm

そして経団連ジジイはワイロ減税で得た金で、土地や株を買ってバブルを起こし
バブル崩壊後は銀行に預金していて、銀行はその金で国債を買っている

60歳以上の金融純資産が1000兆円 政府の借金1000兆円とはそういうこと
----------------
日本国債が10%に暴落すれば、日本政府の借金は1000兆円から100兆円になり

銀行は倒産して経団連ジジイの預金は1億円あってもペイオフの1000万円しか
払い戻されない

だからジジイは「ギリシャガー!」と叫んでいるが

「小さな政府・無税政府」といって税金逃れの限りを尽くしたら
政府が倒産して、自分が政府に貸した金も焦げ付きました・・が正しい結末
----------
しかし君やボクから消費税で1000兆円=君から1000万円巻き上げて
経団連ジジイが日本政府を損させて食い荒らした1000兆円を埋めれば
経団連ジジイの銀行預金1000兆円は吹き飛ばないで、子供に相続できる

それがギリシャガー 公務員ガーと言っている連中が目指している結末で

連中は広告費でマスコミを買収して君を騙しているだけさ
次世代のために消費増税じゃなく、次世代に借金を強制相続させるための消費増税







143 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 04:27:43.50 ID:G2DJaZjR
>>139
だから、ヤメレと言っている。
増税して公共投資とか本末転倒にも程があるだろ。

何もしなくて良いから減税しろよな。

だいたい、公務員は人件費が馬鹿高いのだから、
何をやらせるにしてもコスト高だろ?

144 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 04:31:08.41 ID:Uv7qOhwd
>>142
1000兆円が10%になると、
ゆうちょや、銀行の預金で国債にあててるやつも10%だな。
そして、年金積立金もね。

145 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 04:35:13.41 ID:XsU8ULeM
働かないで金もらえる環境が借金を増やす

146 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 04:35:33.06 ID:BGWiFxbH
>>138>>143
橋下は例外だ

君は政治家にワイロを払っていない
経団連ジジイは政治家にワイロを払って「法人減税」を要求してる

小泉を含む普通の「構造改革」政治家は「政治家もボランテイアじゃないから」と
思っているから

ワイロも呉れない君の財政再建への願いなんか土足で踏み潰して
土建を削ったり、公務員を削った金を法人減税でばら撒いてるよ?(w
--------------
更に悪いことに

土建、公務員=官公労、郵便局員、農協を支持基盤としていた
「古い自民党」の議員がドンドン殺されていって

経団連と癒着した議員だけがのさばっている
君は自分で自分のクビを絞めて、
「経団連に誰も逆らえない日本」の出現に向かって走っている

147 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 04:43:38.10 ID:Uv7qOhwd
>>146
では、政治資金規制法で申告しないといけないお金以外の
お金が経団連から政治家に渡っていると?

148 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 04:44:59.46 ID:skb7v1Mr
これからはグローバル化一巡の時代でしょう。冷戦後、世界中が資本主義と情報化、グローバル化で豊かになれる、
という考えがうまれた。それは自由貿易の拡大を通じて中国のような国の勃興を促したけれども、
それによる富の増加も一巡した。


149 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 04:48:18.83 ID:i//Jjc2n
南北で考えれば楽だぞ
人口増加が止まったのは北側
増えてるのは赤道付近から南側

150 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 04:56:53.55 ID:U+DcTAMj
人口ボーナスってなんかすごい言葉だな。シムシティ的な?

151 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 04:57:34.14 ID:BGWiFxbH
>>143>>141
君が 銀行から借りて パンを買って食うのは消費
君が 銀行から借りて 太陽電池を買って、電気を東京電力に売るのは投資

消費は1銭も儲からないけど必要だからやること
投資は儲かって借金を返して、更に儲けるためにやること

JRが国鉄だった頃「世界銀行からカネ借りて東海道新幹線を作り
運賃収入で大儲けして世界銀行に立派に返済し、更に儲けつづけました」
こういうのは 公共「投資」と言ってよいが

一銭も儲からない無料道路は 公共「消費」

儲かる公共投資と、儲からない公共消費を、
ごっちゃにした言葉が「公共事業」

儲かる公共投資をやっても、運賃・通行料・売電・家賃収入などで
銀行からの借金は返済できる。そういうのは「景気を良くして借金も増やさない」

しかし政治家としては
「儲かる公共投資です」と言って儲からなかったら責任を問われるから
「公共事業は儲からなくてあたりまえ」と言って責任回避するし

自分の選挙区に儲からない新幹線や高速道路を引っ張りたい政治家はなおさら
「公共事業は儲からなくて当たり前」と言い出す

そして自分以外のプロジェクトは、工夫すれば儲かる案件でも「公共事業は
儲からないから削る」と言い出して、削った金を法人減税でばらまく

それが小さな政府・構造改革の90%の実像だ


152 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 05:03:15.73 ID:EBd9DsZ4
>>49
「よろしい、では解説してやろうハンス君。
 私が言った未来に現われる『永遠の未成年者集団』というのは、
 「死ぬまで大人になりきれない人間たち」ということだ。

 そんなことは、厳しい正常な社会ではありえない。
 だからそうなる背景には、甘やかされた異常な社会が当然ある。
 その中で同じように大人になりきれない親に、愛玩動物のように育てられるため、
 子どもも成人しても真の大人になれないのだ」

「しかもハンス、それは人間の発育状況だけではない。
 人類と社会のあらゆることが、未来には、そのように両極端に分かれてしまうのだ。

 たとえばカネだ。一方には腐るほど大量のカネを持ち、広く高価な土地を持ち、
 労せずして限りなく肥っていく階級が現われる。
 貴族とか新しい中産階級とか言ったのはその意味だ。

 だが少数の彼らが現われる一方、他方の極には、何をどうやっても絶対に浮かび上がれない連中も現われるのだ。

 それはカネだけの問題でもない。より正確にいえば、精神の問題だ。
 限りなく心が豊かになっていく「精神の貴族」、「精神の中産階級」が現われる半面、
 支配者が笑えと言えば笑い、戦えといえば戦う『無知の大衆』『新しい奴隷』も増えていくのだ」

                                          ──アドルフ・ヒトラー

153 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 05:07:14.95 ID:EBd9DsZ4
>>152続き

「人間だけではない。国もそうだ。
 恐ろしく豊かな、労せずして肥っていく国が現われる。
 他方、何百年かかっても絶対に払いきれないほどの借金をかかえ、水一杯すら容易に飲めない国も現われる。

 気候もそうだ。とほうもない旱魃や熱波におそわれる国と、寒波や洪水におそわれる国が出る。
 災害におそわれつづける地域と、楽園のような地域、
 人っ子一人いなくなる荒地と、無数の人間が鼻をくっつけ合って生きる都会とが分かれる。

 愛もそうだ。特定の男女にだけ、愛と肉体の快楽が集中する。
 一方、一生に一度の真の愛も快楽も得られない男女も増える。

 要するに、土地や金や支配力を得る者は、ますますそれを得、支配される者はますます支配されるだけになる。
 そうだハンス、それが未来なのだ。私の見た未来だ。未来はそうなるのだ」

「それは1989年だ。そのころ実験は完成する。
 人間は完全に2つに分かれる。そこから引き返せなくなる。
 そうだハンス、その完成と更に新しいスタートの時期が1989年4月に来るのだ」

「東方(日本、中国)が巨大な実験の場になるだろう。そこに新しい社会秩序が生まれるのだ」

                                          ──アドルフ・ヒトラー

154 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 05:07:37.26 ID:6vdLZ3AB
経済学者とかは、
このまま何事もなく成長し続けたら世界一とか、
人口増えたら巨大市場が…とかの妄想が多いな。
そんな上手くいけば誰も苦労しないよ。
頭が単純なんだろうなw

155 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 05:14:55.82 ID:EBd9DsZ4
「やあハンス、私だ、ヒトラーだ。久しぶりだな。どうだ元気かね?

 ところでハンス、いつだったか山荘できみに、
 『私が生まれた100年後、1989年頃、人間が2種類に分かれる』と言ったことがあったな。
 金持ちや土地持ちと新しい貧民、恵まれすぎる国や恵まれすぎる人と、恵まれなさすぎる国や人、
 地獄の災害地と不気味なほどの楽園、間違いなく何もかも2つの極に分かれる、と。
 その後のことを、あのときは言わなかった。漠然とわかってはいたが、まだ確信がなかったのだ。

 だが、今になって、それがはっきり見えるようになった。
 後でみんなにも話すつもりだが、あの時君に話した続きだから、まず君に話そう。

 それは『激化』ということだ。“2つの極”はますます進む。
 1989年以後、人間はごく少数の新しいタイプの支配者たちと、
 非常に多数の、新しいタイプの被支配者(奴隷)とに、ますます分かれていく。
 一方は、全てを操り、従える者。他方は、知らず知らずのうちに、全てを操られ、従わされる者たち。

 しかも進むのはそれだけじゃない。人間がそうなるにしたがって、
 地球にも宇宙にも“大変動”が起こるのだ。

 わかるかハンス? “私が死んだら” 君がこれを伝えろ。
 新しい真のナチスの世界に伝えろ。
 君はわからないだろうが、それはもう始まりかけている。
 ではハンス、ごきげんよう……」

             ──1945年2月末、アドルフ・ヒトラーがポーランドのハンス・フンクに話した言葉

156 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 05:56:43.15 ID:Adz6WoMQ

来年が分水嶺だろう
欧米資本社会がどれだけで耐えられるか

157 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 08:15:50.42 ID:Zz4YUi3N
つかすでにいまでも世界の半分は食えていねえのに
人口増えて喜ぶとかアホだろ
なにが成長市場だよw
資本主義に人口は要らないんだよ

158 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 08:29:55.86 ID:4auNbxQA
人類滅亡までのカウントダウンだなっ

159 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 08:32:14.73 ID:wDq8gbBk
内需至上豚脂肪

160 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 08:35:15.16 ID:i93FDtTK
おはょ!

161 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 08:41:11.26 ID:wDq8gbBk
おはようさん

162 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 08:48:13.39 ID:5hTWp8e1
そもそも中国、インド、中南米、東欧、東南アジアの連中全員が
冷蔵庫、掃除機、電子レンジ、空調、石油ストーブ、自動車、ハイテク家電もって
排気ガス・電力・資源を大量消費したら地球は持つのか?
石油だけでも絶対足りないはずだが。


163 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 08:55:17.43 ID:Zz4YUi3N
>>162
不可能だな
そんなにも資源がない
その前に食糧が足りない
しかし人口が増えるのは中間層の無い貧しい国
そう言う国は格差が酷すぎて一部の都市部しか市場なんてほとんど成り立たないだろう


164 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 09:04:46.81 ID:HDwXkxqW
>>155
ハンス・フランクの間違いでは


165 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 09:21:26.37 ID:T5riYFNk
食料と資源が恵まれている国は、安定した成長が見込まれる。って、ことでいいのかな?
→インドネシア、アルゼンチンあたりが、今後、成長率が安定して良いかも。

166 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 09:21:58.44 ID:KucrlEY/
人口ボーナスが前提の成長を否定しないが、自動車や家電などは
それでも供給過剰で、儲からないのではないか。

167 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 10:56:04.38 ID:a8P76O2H
とりあえず、発展途上国にダムを作るべきだな。
そしてその建設や運用を日本がやればいい。
とりあえずタイからだ。
技術はあるし技術者も公務員送り込めばいい。


168 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 11:20:52.28 ID:o0frxcPQ
穀物生産が90年代から全然のびてないのはスルーか?(^o^)
すでに世界は水争いの時代になってるだろwww
ダイアモンドや日経は、東スポとそんなに変わらんよ、、、

169 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 11:29:38.01 ID:Fa+QA0eD
>>10
>インド、アフリカのボーナス期終わったらどうにもならない?
なぁに、また世界大戦やって殺しあえば人口の一割や二割、簡単に削れるさ。
そうだ、まずは中韓北まるごとICBMで吹き飛べば
世界は確実に良くなるだろう。
日本は戦勝国としてこいつらの土地を廃棄物処分場として有効利用だ^^

170 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 11:34:23.70 ID:XrvRG+UX
インドアフリカの次は南極、北極、海底、地底があるだろ(w

171 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 12:17:01.93 ID:6uPaedIx
急激に個体数を増やすのは典型的な絶滅モデル。

172 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 12:41:36.70 ID:BGWiFxbH
>>162
太陽電池は高速輪転機でフッ素樹脂フィルムに印刷すれば生産性20倍になる
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20110614/220775/

あとは潜水艦型原子炉
http://www.shintoko.jp/engblog/archives/2011/03/27-220312.php
核融合もある

日本・インド・中国・米国・欧州の高速道路にトロリー架線を引いて
こういう「トロリーHV」で高速道路は電気、下道短距離だけ石炭液化油や
バイオ油・エタノールやカセット電池で走る手もある
http://www.youtube.com/watch?v=AY91Lctl8Fw

食糧不足は核熱/太陽などで海水淡水化して乾燥地を灌漑して農地を増やせばいいし
海水淡水化に副産物の濃縮塩水からはナトリウム・リチウム・カリ肥料が取れ
ナトリウムはNaS電池(揚水蓄電の代替)の原料になる

窒素肥料は石炭/天然ガスから、カリ肥料は海水淡水化副産物で取れるが
リンだけは当面奪い合いになりそうだ。リンはモロッコにある。

肥料で撒いたリンは鉄やアルミと結合して水に溶けなくなって肥効を失ったまま
農地に残留するので、細菌を使ってリンを水に溶け根っこから吸収される形に戻す
のが非常に重要で、人類の人口の制約要因のリン問題の解決がかかっている

水力発電・太陽発電・風力発電に恵まれた場所と、電力需要地は離れているが
2000kmくらいの送電は損失5%位で出来るようになっていて建設が進んでいる
中国http://www.mobileplace.org/dias/blog/images/Annotated%20grid%20-%20small.JPG
欧州http://livedoor.blogimg.jp/upks/imgs/c/7/c7e9503d.jpg

総じてエネルギーは技術的にクリアできそうだが
銅・錫・リン・レアメタルが問題で、金属地金の国家備蓄が必要かつ儲かる








173 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 12:58:08.85 ID:BGWiFxbH
エネルギー
 再生可能エネルギー+核エネルギー(核融合・海中の核分裂炉)

石油が枯渇すると、石炭・天然ガス・シェール・タールサンドから
人造石油を作ったり、窒素肥料を作る羽目になるので「火力発電は禁止」して
化石燃料は次世代のために温存すべきだろう
---------
・太陽電池のインジウムは亜鉛で代替可能だが、亜鉛の節約のために
 亜鉛めっきは課税して、アルミめっきへの切り替えを奨励すべきだろう
・太陽電池はシリコンか有機にすべきで、レアメタルを使うCIGSは規制してゆくべき


・高圧送電線も高速道路への架線も、めっきもアルミが活躍しそうで、アルミ
 は電気文明の米になるだろう
・しかしアルミの電気導電性は銅に劣り、線が太くなって
 モーターを小さく作ったり、携帯などのプリント基板を精密に作るのが難しい
●銅を抑えれば、性能面で優位な製品のサプライヤーになれる・・というか
 銅は貴重品になるだろう

●膨大な数の家電のハンダに使う錫も足りない
●軸受けに使うアンチモンも足りない
------------
したがって、銀行が保有する国債1000兆円を日銀に買い取らせ
銀行に商社を通じて、銅・錫・リン・アンチモン・ボーキサイト・鉄・レアメタルの
鉱山を買い捲らせ、円安誘導しつつ、老人の預金を海外鉱物資産に逃がすべきである
新しい重金・重商主義の時代になりそうだから




174 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 12:58:58.00 ID:iWteteiQ
人口爆発と貧困は20世紀の遺跡になったのか。

良かった良かった。

175 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 13:11:06.95 ID:BGWiFxbH
・また、米戦闘機はF4はあけてみないとどこが故障しているかわからなかったが
 F15は故障箇所の電子診断が可能で、故障したモジュールだけ交換すればいい
・それによって戦闘機は部品交換しながら40年使えるようになっている
-------------
●90億人が家電を使い出したら資源の浪費がとんでもないし
 都市鉱山は「分別」に非常にコストがかかる

●したがって家電は「故障箇所の電子診断」「モジュール交換」で中古家電の
 再生コストを引き下げて、特に途上国向けは「リース」にするべきだ

・顧客Aに10年リースして、ガワを交換して部品を交換して、顧客Bに10年リース
 というリース商法で、リース価格を引き下げて、製品寿命を延長して
 資源消費を削減し、都市鉱山の分別作業を削減し、組み立ても省いて
 
●寿命延長で、リース価格低下と資源消費削減を両立するのが必要であろう
-------------
自動車用カセット電池は23kg2kwhで規格統一して、電池交換所を整備し

充電容量が80%に低下して自動車用に使えなくなったリチウム電池は
風力/太陽発電と組み合わせて、アフリカのど田舎などの電化、井戸水くみ上げ
農業トラクター用電池として使うべきであろう


176 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 13:15:05.84 ID:BGWiFxbH
>>174
リンが足りない、銅・錫・アンチモン・亜鉛が足りないな

核融合炉のブランケットにセシウム/バリウムやシリコンを入れれば
レアアースやリンを「錬金術=元素変換」で作れなくはないが

元素変換はカネがかかるから、レアメタル製造には向いても
大量に使う金属や肥料は本当に困る

先読みして円高のうちに買い捲って備蓄したり、鉱山買収するのが肝要かな

177 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 13:18:20.96 ID:BGWiFxbH
>>174
携帯やデジカメは貧乏人には
10年ずつ4人にリースして40年使うことになりそうだ(w
ハンダ用の錫とか基盤用の銅が足りないから

178 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 13:19:35.75 ID:OgfPIEPT
>>133
残念だが円はまだ安いよ
ドル40円 ユーロ30円ぐらいが実力
サラ金地獄に落ちてないのは日本だけだからね

179 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 13:27:57.37 ID:iWteteiQ
>174は皮肉だよ。

180 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 13:37:21.28 ID:BGWiFxbH
>>179
解決できませんじゃなく、解決しなくちゃならん
解決したくないなら、君が飢え死にするほうになれ

解決を怠った上、つけを他人にまわすのは最低だ。

181 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 13:38:34.33 ID:BGWiFxbH
なんであれ90億人を食わせて、クルマや家電のある暮らしをさせる「方策」
を考えなくてはならん

182 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 13:43:34.21 ID:oKnjcEi4
馬鹿じゃね
人口が増大することは、資源不足と食糧不足でインフレになるから
まずは人口増加と共に、不足分を増産できないと成長鈍化するよ

それを無視して記事を丸呑みかよwwwwwwwwwwwwwwwww

183 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 13:47:01.48 ID:+tC6/xSW
地球の急激な人口増加に対して、危機感が無さ過ぎる記事だ…。
経済うんぬん以前に地球資源が枯渇するという事に気が付かないのかねぇ

184 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 13:50:44.23 ID:+tC6/xSW
前から思ってたんだが地球規模で、ある程度、出生率規制かけていかないと大変な事になる
日本の人口減少なんか地球規模で考えたら、むしろ喜ばしい事

185 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 13:54:32.14 ID:+tC6/xSW
火星に人類が移住出来るようになるのは、火星のテラフォーミングが終わる300年以上先
それまでに地球資源が持つかどうか…

186 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 13:58:08.36 ID:ODsnNNwK
>>184
団塊とか団塊ジュニアとか人口多い世代の人って
そういう考え方多いよね

187 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 13:58:16.29 ID:iWteteiQ
面白いなぁ。
解決策があると思っていたり、その策を実行できると思っていたり。
策があるとすれば、彼の言う通り「死」だけだよ。

188 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 14:09:07.21 ID:9WtmbK/E
>>186
自分が苦しむわけじゃないからなw
他の国が同等に苦しむならいいけど、
日本人だけが苦しむのが美徳みたいな奴がいるw


189 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 14:28:22.09 ID:a8P76O2H
>>181はなんでそんなに詳しいの?官僚さん?
思うんだけど、俯瞰で見れば正しい道や方向ってのはわかってるんだよね。
でもけっきょくは既得権益や収益性が優先されて誤った方向に導かれる。
それを正すのが王だったり政治家なんだが、そんなこと無理なのは歴史が証明してる。
その象徴が今回の原発事故。

181さん、正論はわかりました。あなたは正しい道に導けますか?
どうやれば世界は正しい方向に向かうことが出来るのでしょうか?


190 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 14:36:20.58 ID:LPNX8kma
>>49
人間は一度慣れ親しんだらそうそう変わるもんじゃないよ。
単純に「子ども文化」に慣れ親しんだ人間が年をとったにすぎないんだから、時間が経つにつれ
子供文化的なものが幅きかせるのは割と自然だと思うよ。
逆に大人文化的なもので若い人から見向きもされなくなったものはいずれ死滅するだろうね。
今の演歌みたいに。

あと、客観的に見て平凡な他人の子供見て面白いって感じる人間はあんまいないだろうから
仮にアップしても再生数が上がるわきゃないし、リスクも大きいから見えるとこには上げない。

191 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 14:43:51.82 ID:9WtmbK/E
>>189
>>王だったり政治家なんだが

違うんだなこれが。
正しく戻すのはいつの時代も国民だよ。
だから権力者は国民をプロパガンダする。


192 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 14:44:02.08 ID:MiukeWg0
みんなが奪い合いの時代に成長市場... 畢竟、殺し合い市場しか無いように思えるが?


193 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 14:58:56.03 ID:VBd74GB0
某国が載ってないな
火病起こすんじゃないか?

194 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 15:01:00.81 ID:2VATBzam
しんかのひほうを持ってる日本が勝つ

195 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 15:06:48.48 ID:a8P76O2H
>>191
いや、『本来、王だったり政治家』の役目って言いたかったのです。

>正しく戻すのはいつの時代も国民.
>だから権力者は国民をプロパガンダする

それが今回の大阪市長選だっていいたいの?
なんか違う気がするんだけど・・・・

196 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 15:20:51.34 ID:/7aT/1Cl
団塊ジュニアは一応疎らに、高卒、大卒…って子供を作った奴が多いけど。
氷河期がちとヤバかったな。

その後はガックリと人数が少ないから。

日本は最後の浮上のチャンスを棒に振ったなぁ。

197 :家族計画を行えい:2011/12/04(日) 15:21:15.15 ID:grWUkxcQ
世界人口70億人突破!
【原因】
 ○  ハァハァ
  |\            ハァハァ    o
  ト/ ̄|○ オーイエス        o_ /)          ハァハァ   ○|\
. /|」  |                /<<  オーイエス        ○| ̄ヒ|_ オーイエス

                                    ○  ハァハァ
ハァハァ    o                             |\            
    o_ /)        ハァハァ   ○|\             ト/ ̄|○ オーイエス        
     /<<  オーイエス      ○| ̄ヒ|_ オーイエス    /|」  |             

                    ○  ハァハァ
                     |\             ハァハァ    o    
ハァハァ   ○|\            ト/ ̄|○ オーイエス        o_ /)       
    ○| ̄ヒ|_ オーイエス    /|」  |                /<<  オーイエス

198 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 15:40:26.24 ID:zZI9XFRG
またバカを騙してカネ稼ぐ
湯田屋資本はいつも同じ手ばかり使う

199 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 16:09:22.04 ID:444OR87V
うまくて安い人工肉(植物由来の)作ればもうかると思う

けど、今あるのは豚肉っぽくした「高い」人口肉だな。
もし、これの開発に成功したら凄いことになるかもな…

200 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 17:02:06.79 ID:G2DJaZjR
>>199
すでに培養肉が実用化一歩手前まで来てるでしょ?
遠くない将来にミンチ肉などは全てこれに置き換わる。

肉の生産に穀物が必要無くなるのは大きいよ。
現状、世界で生産される穀物の8割は家畜が食べるためのエサだからね。

201 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 17:46:31.67 ID:TZYGbLWh
君子危うきに近寄らず

クワバラクワバラ

202 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 18:06:14.59 ID:h2h76oFn
>>200
世界初の「人工合成による食肉」は、ハンバーガーのパティ大を作成するだけで約25万ユーロ
(約2,600万円)かかると推定されている。さらに、味も問題だ。

11月11日付けのロイター記事で、オランダの研究者が、世界初の人工合成による食肉を幹細胞から
作成しようとしていることが報じられた。

記事では、家畜を育てる従来の食肉生産のやり方は持続不可能であることをいくつかの厳しい数字を
挙げて示し、経済性の点から、組織培養皿で作る食肉が、いずれ従来の食肉生産に取って代わる可能
性を示唆している。
しかし、それはまだ遠い先の話になりそうだ。世界初となるハンバーガーのパティ大の人工肉を作成する
ためには、推定で約25万ユーロ(約2,600万円)のコストがかかるという。

コストも問題だが、味のほうも問題だ。現段階で作成されている人工肉は、幹細胞から成長させた、貧弱
な筋組織のようなものだ。実際の肉はそれよりはるかに複雑で、筋線維が合わさってひとつのまとまった
組織を形成しており、この組織は使うことで増大する。血液や脂肪などの関連組織も、肉の味や見た目、
質感に寄与する。

こうしたハードルを克服することは可能かもしれない。血液や脂肪を作る幹細胞はすでに特定されている。
それらを培養して分化させ、成熟した組織に育てる作業は、おそらく筋線維を培養皿で成長させる以上に
難しいということはないだろう。しかしこの作業自体が、コストに関係してくる。

われわれの体は、多くのエネルギーを費やして、多様な種類の細胞が生育できる環境を整えている。
各組織は、エネルギー源、塩分、ミネラル、ホルモン、シグナリング分子[細胞間の情報伝達機能を持つ
化学物質]がほどよく組み合わさった環境に置かれ、隣接する細胞、および隣接する細胞が作りだす種々
のタンパク質の層との間でも連絡を取り合っている。こうした支援がなければ、ほとんどの細胞はすぐに
病気になってしまう。

こうした環境を再現することは非常に難しい。最初に幹細胞を培養した際には、フィーダー細胞の層の上
で培養することで、幹細胞に適切な生育環境を提供したのだが、この培地に適切な組み合わせのタンパク
質を人工的に加える試みをする代わりに、研究チームは天然のタンパク質源を利用した。
すなわち、解体処理の際に出た家畜の血清だ。

血清を使わない方法も研究されているが、幹細胞の生育を助ける無血清培地には、0.5リットルで約250ドル
のコストがかかる。無血清培地を販売する企業によれば、ひとつの幹細胞集団を何かに利用できるレベルに
まで成長させるためには、推定9リットルの培地が必要になるという。さらに、培地で培養されるほとんどの
細胞種には、さまざまな成長因子を加える必要があるため、それにもコストがかかる。

ロイター記事が指摘していたように、1ポンドの肉を育てるには7ポンドの植物が必要とされる。
さらに、エネルギーや水、土地などの資源も必要だ。
世界経済が豊かになるに従って食肉への需要も増しているが、70億人が先進国並みの食生活をするだけ
の余裕はないはずだ。

ロイター記事は、豚や鶏は牛肉より資源を喰わないという研究結果を挙げ、人工肉はこうした肉と比べては
るかに資源を使わずに作成できる可能性があると述べているが、実際には、その実現にはかなりの技術開
発が必要だろう。


203 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 19:25:16.49 ID:ykC5gxXx
人口が多ければいいってもんじゃないよね

204 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 19:54:33.63 ID:hjrJm5xa
いかに健全に衰退するかにかかっている。
無限の成長なんてない。次の思想が世に出てくるだけ。

205 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 20:10:40.03 ID:Ob0xiFoz
人口が減ったら資本主義は成立しない。
日本は97年前後から生産年齢人口の減少が始まりデフレ経済になった。
ゼロ金利という事実上の資本主義経済の停止も10数年続いてる。

206 :名刺は切らしておりまして:2011/12/04(日) 20:12:53.50 ID:TZKaxGLn
日本は十年前のアメリカを見てればいいだけだろ

207 :名刺は切らしておりまして:2011/12/05(月) 02:35:07.97 ID:6KMXndHO
脱原発でいろいろアイデアが出てくるみたいに、人口が増えれば増えたで、いろいろ
対策を考えるのが、おもしろい。

日本の年金や健康保険も無理して維持せずに廃止してしまえば、別のアイデアが
出てくるのかねえ。


208 :名刺は切らしておりまして:2011/12/05(月) 21:02:15.94 ID:IgEIsi9l
基礎年金拠出金を減らせば良い。

209 :名刺は切らしておりまして:2011/12/05(月) 23:42:51.12 ID:qIy4FZe2
街中に生きてて意味あんのかっていうマヌケ面した老人が溢れている美しい国

210 :名刺は切らしておりまして:2011/12/06(火) 01:28:45.96 ID:81YCDH72
でも日本は少子化、輪廻転生が嘘だとわかる。

211 :名刺は切らしておりまして:2011/12/06(火) 01:46:50.76 ID:Q7WFg8Bx
増えすぎた人口を削減することこそフリーメイソンイルミナティの最終目標

http://blog-imgs-44-origin.fc2.com/a/n/i/animaspiritia/population_reduction.jpg

212 :名刺は切らしておりまして:2011/12/06(火) 03:47:01.54 ID:1OwuqRId
人間を小さくすればいいんだよ

213 :名刺は切らしておりまして:2011/12/07(水) 16:55:29.72 ID:7jaEWJZX
1京人は無理かな

66 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)